6月17日 気象病!?

2018.06.17

6月17日 気象病!?

こんにちは!

院長の若狭です!!

 

 

という訳で、突然ですが皆様!!

最近重だるさ古傷が…等といった症状は出ていないでしょうか???

 

気象的に、雨が降る際、気圧が大きく下がります

その際、人間の細胞は膨らんでしまい、結果的に膨らんだ筋肉が

毛細血管や抹消の神経を圧迫し重だるさやむくみ、関節の痛みを誘発します。

 

高い山や飛行機に乗った際、お菓子の袋がパンパンに膨らんでいるのを

みたことがある方……

人間の細胞や筋肉も、あのような感じになってしまうのですねぇ…

 

という訳で、天候や気圧の変化にも、人間の体は反応してしまいます。

最近ではこう言った症状を「気象病」と呼んでいるようですね。

 

という事で、そんな気象病に負けないために必要なコト!!!!

……

そいう!!!!「自然治癒力」です!!!!!!

 

SP療法、ブロック療法、カイロ、マッサージ、

ストレッチ、ロイヤルトップ、カッピング、腸もみ……

 

ちなみに院長オススメは

カッピング、腸もみ、ブロック療法!!

 

当院では、その方の症状や日常生活での負荷、体質等に合わせ、

色々な施術方法を組み合わせ、選びご案内させて頂きます!!

 

『しかして、これって気象病!?!?』

そんな気になる事があれば、お気軽にご相談ください!



院長 山崎 智大